GIS資格認定協会

GIS上級技術者一覧

 

GIS上級技術者所属団体
ここからダウンロードできます

GIS Expert Emeritus一覧
ここからダウンロードできます

GIS上級技術者


本認定制度により,GIS上級技術者として認定された技術者を公開します。
公開は,GIS上級技術者の氏名,認定日,認定番号,所在(都道府県)及びプロフィールです。
現在,149名の方がGIS上級技術者として認定されています。
連絡を取られたい際は,GIS資格認定協会までお問い合せください。
Co-founder and CTO of MIERUNE Inc. , Owner of dayjournal , AWS DevTools Hero , MapLibre Voting Member , FOSS4G Hokkaido , Notion SapporoCo-founder and CTO of MIERUNE Inc. , Owner of dayjournal , AWS DevTools Hero , MapLibre Voting Member , FOSS4G Hokkaido , Notion Sapporo
氏名 認定日 プロフィール
写真 認定番号
勤務地または住所
キーワード
2006年度取得者
平下 治 2016/10/20 1978年コンピュータマッピングシステムに出会う。これをマーケティング分野に活用しようと考え、翌1979年にGISマーケティング専門会社(株)JPSを設立。以後38年間、GISマーケティング一筋にシステム開発、データ開発、運用支援等を主な業務として現在に至っている。2016年4月ゼンリン社と合併。
0610-001
東京
ビジネスGISマーケティング
阿部和正 2016/11/22 ㈱秋元技術コンサルタンツに従事
仙台市道路財産管理をGISにて管理することを提案
仙台市道路財産,道路台帳・公園財産台帳・農林土木施設管理を手がける
会員管理に伴う選挙・エリアマーケティングに関するシステム開発に参加
東北工業大学工学部兼任講師
  0611-002
宮城
道路台帳・財産台帳
奥川博也 2022/11/23 株式会社長野技研勤務。
主に建設コンサルタント業務に従事。
自然環境や建設事業による環境影響について,GIS やリモートセンシングによる解析を行う傍ら,GIS を用いたシステム開発を行う。
近年はインフラマネジメントや防災に関するクラウドGISとモバイルシステムの構築,GISとBIM/CIMの連携に従事。
0611-003
長野
インフラマネジメント、クラウドGIS、リモートセンシング
島村秀樹 2022/12/16 1981年に(株)パスコに入社。 人工衛星及び航空機M2S等のリモートセンシングデータの画像解析を中心に業務を実施。1986年に、ESRI社の資料をもとに、国内で最初のARC/INFOの販売用パンフレットを作成。その後、ESRI製品の販売や防災・都市・森林の地図情報等のGISシステムの開発に従事。航空レーザやMMS等の空間情報取得や地物認識技術に関する研究開発を経て、現在は、地理空間情報を基軸とした事業運営。   
  0612-001
東京
リモートセンシング,GIS,環境・防災
天野貴文 2017/01/14 大阪府吹田市,アマノ技研所長。技術士(情報工学部門),博士(工学),システムアーキテクト,測量士,日本技術士会近畿本部情報工学部会幹事。FOSS4GやGoogle Mapsを使用したシステム,スマートフォン(iPhone/iPad)用アプリ,Webアプリ(LAMP)の提供のほか,Webサイト製作や空間情報活用のコンサルティングなども行っています。無料アプリの感想なども是非お聞かせください。
  0701-001
大阪
空間情報コンサルティング,スマートフォン用アプリ開発,Web アプリ開発
松村一保 2017/01/14 株式会社 JR西日本ITソリューションズに勤務。
(一社)大阪府測量設計業協会 ICTアドバイザー
GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会(大阪府)支援グループ・メンバーとして協議会活動を支援している。災害時に官民連携、民民連携ができるように自治体での防災訓練を通じて連携の強化を図っている。また、小学生の防災教育を大阪府測量設計業協会と協力して実施している。
  0701-002
大阪
オープンソースGIS,ITコンサルティング,プロジェクトマネジメント
柳川重信 2017/01/14 豊中市役所で、基準点測量、用地測量に従事。
阪神淡路大震災後、基準点、境界点整備、GISと格闘。
定年退職後、GIS分野の仕事を求め、(株)パスコ、(株)GIS関西に勤務。
0701-003
大阪
デジタルマッピング,道路台帳,地籍調査
吉田 稔 2023/2/22 https://demo.nmc.jp/hss/
西宮市在職時の1995年阪神淡路大震災時には、被災者支援を中核とする災害業務支援システムを開発・統括し、この後、電子自治体推進担当理事を最後に2008年3月末退職。 現在は西宮市情報センター長及び被災者支援システム全国サポートセンター長に就任し、危機管理や自治体GISはもとより、正しい自治体情報化推進のために、多方面で活躍。この間、国の委員や日本初の市川市GIOを歴任し、総務省の地域情報化アドバイザー、ICT地域マネジャーやAPPLICアプリケーション副委員長等々に従事してきた。2008年度から現J-LIS(地方公共団体情報システム機構)被災者支援システム全国サポートセンター長として、システム導入支援のための全国サポートセンターの運営を統括しており、 2011年3月11日の東日本大震災以来、被災市対応でフル稼働となると共に危機管理意識の高まりにより、被災者支援システム導入支援のサポート業務及び全国自治体への危機管理出前講演で東奔西走してきたが、この間汎用WebGISを活用した危機管理対応における被災予測・予防保守など減災・防災に係るシステム拡充を実施して大いに貢献しており、コロナ関連業務にも活用されてきたが、今までの出前講演がコロナ禍により、Web講演で対応している。又、APPLICではGIS基本提案書作成に自己開発経験に基づく資料提供等々、多大に貢献している。
  0702-004
兵庫
危機管理と情報システム、真の住民のための自治体GIS、住民第一義
2007年度取得者                      トップに戻る
越智彩子 2017/04/08   国際航業株式会社に勤務。
主に自然環境や資源管理の分野における空間データベースの構築、環境解析、コンサルタント業務に従事。
  0704-001
東京
景観生態、空間データベース、自然環境解析、リモートセンシング
小林岳人 2017/04/08 千葉県県立高等学校(柏陵高-小金高-沼南高柳高-松戸国際高-県立千葉高)教諭。地歴科地理を担当,GISを授業・教材等で活用。
 2005年度GIS学会学会賞教育部門受賞 2012年日本地図学会教育普及賞受賞 日本地図学会評議員 日本地理教育学会入試問題検討委員 地理空間学会評議員 日本オリエンテーリング協会公認ディレクター1級
 著書(分担執筆)『授業のための地理情報』(古今書院) 『現代地理学入門』(古今書院) 『地理教育用語技能事典』(帝国書院) 『中等社会科21世紀型の授業実践』(学事出版)
0704-004
千葉
地理教育,地図教育
教育GIS
村尾吉章 2017/04/08   SE/IT スペシャリストとして,GIS に関連した仕事に25 年以上にわたり従事。GIS 製品の設計・開発,GIS を利用した業務システムの設計・開発・コンサルティング業務に長年携わる。 1996 年からはGIS に関する標準化活動に参画,地理情報JIS 原案作成委員会委員を務め,近年は,地理情報標準にもとづいた地理空間情報モデリングを数多く経験。2005 年より奈良大学文学部地理学科 非常勤講師を兼務。 
  0704-007
奈良
地理空間モデリング,広域設備統合管理,GISシステム設計開発
竹本 孝 2017/04/08 1989年,国際航業株式会社入社。
GPS技術の研究開発に取り組み,現在は国や地方自治体の空間情報の構築を専門とするコンサルティング業務に従事している。
技術士(応用理学),空間情報総括管理技術者
工学院大学非常勤講師
地理情報JIS原案作成委員
0704-008
東京
空間情報コンサルティング,地理情報標準,品質管理
小沢宏至 2017/04/28   
  0704-009
大阪
水道,GIS,災害情報システム
内布茂充 2017/06/10 超高齢化社会に対応し,高齢者や子ども,障害者が,安全で安心して暮らせる社会を創出するために,市民生活の視点から,介護・医療・福祉や教育などの分野と,生活サービスを提供する多様な分野が連携した地域の安全や防災を推進していく必要があると考える。
そのために,GISの利活用や情報の流通の問題点を整理して普及・促進する必要があり,現在,社会研究を進めている。
0706-002
大阪
高齢者,生活弱者,防災,地域社会
森田哲朗 2017/06/10 株式会社地域環境計画勤務。
専門は森林計画(林業地理学)。他に自然環境や造園、地域づくりなど幅広い分野でGISの活用を提案している。
  0706-003
大阪
森林計画,植生地理,ランドスケープデザイン,社会地理
池田晃三 2017/08/29   
  0708-005
神奈川
統合型GIS,データ構築
鵜飼陽子 2017/11/17   
  0709-002
神奈川
GISシステム構築,GISコンサルティング,GIS製品化
新宮誠也 2017/11/21   
  0709-003
北海道
各種GIS構築,空間情報データ整備,GISコンサルティング
中島 円 2017/09/21 国際航業株式会社に勤務し、地理情報システム、位置情報サービスに従事。近年は屋内空間の位置情報技術と、人やモノの行動データの可視化と分析に基づいたまちづくりに関する研究を推進している。
慶応義塾大学特任准教授
博士(システムエンジニアリング学)
技術士(情報工学)
日本地図学会常任委員
0709-004
東京
位置情報,GIS,空間情報
石垣孝行 2017/12/13 奈良大学文学部地理学科1993年碓井ゼミ卒。
卒業後、大手航測会社にて固定資産業務、データ作成、システム開発に携わる。
現在は株式会社総合コンサルタンツに勤務。
香川県内の自治体向けGIS(固定資産・上下水道・農地管理・統合型)構築及び更新を担当。社内のプライバシーマークPMSの管理にも取り組む。
NPO法人全国G空間情報技術研究会中四国G空間情報技術研究会)に所属し技術委員として地理院地図などの研究に取り組む。
地域へのGIS普及活動・各種GISセミナーにも積極的に活動に参加。
0709-005
香川
固定資産、上下水道、地理院地図
早川洋子 2017/11/21 入社1年目にGISと出会って以来,GISを用いた舗装・沿道環境を対象とする道路の維持管理支援業務に携わる。長期間GISに触れないと、禁断症状が現れることを最近自覚する。
0709-007
神奈川
舗装,維持管理,沿道環境
品澤 隆 2017/09/30 1987年、株式会社パスコ入社。
現在、同社 東北事業部技術センターに勤務。
  0709-008
埼玉
GISコンサルティング,地理空間データ整備,インフラ維持管理
大伴真吾 2018/01/10 朝日航洋株式会社に入社以来,地理空間データベースの構築,GISエンジン開発業務を経て,地理情報の標準化推進,高度なG空間情報社会実現のための調査研究等に従事。
ISO/TC211国内幹事会幹事,地理情報JIS原案作成委員会委員,社会基盤情報流通推進協議会理事、地理情報システム学会GIS資格認定協会幹事長。
0712-005
東京
G空間情報,地理情報標準,QGIS
大橋 真 2017/12/29 1973年にLANDSAT1号の画像を見た時の衝撃を忘れられず、1987年よりGIS/リモートセンシングを職に得る。
1988年以来画像・GISのCOTS製品の販売・サポート・コンサルティングに従事。
2016年よりアジア航測(株) 高度専門職(空間情報事業担当)
1996年以来東京大学農学部(測量・空間情報解析実習)非常勤講師
2017年以来首都大学東京都市環境学部(測量学・測量学実習)非常勤講師
画像とGISの融合の推進、将来のGIS技術者育成を目指している。
  0712-006
東京
画像、クラウドGIS、GIS教育
深堀秀敏 2017/12/29 高速、大容量、低廉なPC の普及、光を中心とした高速インタネット網の拡大等GISを取り巻く環境は急速に進んでいる。一方、紙を中心とした住民への情報提供も都市計画や防災情報に限らず電子媒体での提供を求められている。しかしながら、このような仕組みを構築できるGIS マネージャーの育成は進んでいない。 様々な要因はあるが、大学生及び自治体等のこれからを担う世代へのGIS 教育にこれまで以上に取り組んでいきたい。
0712-007
福岡
GIS教育,自治体GIS
黒川史子 2018/05/29 2000 年より空間データモデリングを専門とし、国内外の空間データの整備・流通・活用に関するコンサルティングを実施する。また、ISO/TC211 エキスパート,JPGIS 策定,PI 等空間データのための標準化活動に携わる。「地図のパーソナライゼーション」をテーマに標準化された空間データの活用について研究も行う。
0802-003
東京
空間情報デザイン、モデリング
2008年度取得者                      トップに戻る
大場 亨 2018/05/18 1990 年度より市川市役所に勤務.2001 年度より早稲田大学社会科学部非常勤講師.現在は、国土交通省国土地理院平成30 年測量士・測量士補試験考査委員,国土交通省国土地理院測量行政懇談会臨時委員を務める。
  0805-004
千葉
地方公共団体,都市計画,地域分析
木下克己 2018/11/09 高槻市において統合型GISの構築に携わり、約30のアプリケーションシステムの稼働に参画した。また、産学官協働の「研究会」においてもGISを活用した各種実証実験を実施した。現在、大津市において業務最適化や電子市役所の推進を担当しているが、ビッグデータを構成する非構造化データと庁内構造化データの融合活用に関してGISの果たす役割を見極めて行きたいと考えている。
  0807-001
滋賀
GISコミュニケーション
情報共有化
浅野和仁 2018/09/24 公共施設や法規制情報の管理ツールとして普及した自治体GISは業務支援ツールとして定着してきてはいるが、同時に硬直化にも直面している。更なる展開と普及のためにはGIS を活用した政策支援、地域課題解決、市民参加や合意形成支援など、新たな公共施策への展開を推進するツールとして、GISの更なる展開を目指したい。
  0809-004
大阪
自治体GIS,オープンデータ,マッピング
原島克則 2018/10/08 地形地理の専門知識を活かして、あらゆる情報(コンテンツ)のPOI化、可視化そして地図表現について更なる高みを目指します。
  0810-002
東京
POI,コンテンツの可視化,地図表現,地理調査
米良伸一 2018/11/1 1993年より都市計画関連の空間データ整備・解析など地理空間情報整備に携わる。
2000年以降,GISソフトウェアESRI製品の技術サポート・トレーニングなどGIS導入後の技術支援に従事する。
  0810-005
東京
地理空間情報整備,技術サポート,GISトレーニング
橋元宣明 2014/3/17 株式会社みすず綜合コンサルタント勤務
NPO法人長野県GIS協会 事務局
NPO法人全国GIS技術研究会 技術委員会所属
  0903-001
長野
GISコンサルティング,空間データベース構築,施設管理
2009年度取得者                      トップに戻る
垂 秀明 2019/4/12 いであ株式会社国土環境研究所に勤務
主に環境コンサルタント業務におけるGISを利用したデータ解析に従事。
データ入力からGISソフトのカスタマイズ、リモートセンシングによる解析、3次元表示・解析作業を行なっている。
  0904-002
神奈川
環境、BIM/CIM、三次元
野田剛太郎 2019/04/25 第一測工株式会社に勤務。
・GIS導入に関するコンサルティング,各種システム開発,空間情報のデータ構築などの業務を扱う情報システム部の責任者。
・NPO法人全国G空間情報技術研究会 (関東中部G空間情報技術研究会)に所属。
  0904-004
栃木
空間情報データ整備,自治体GIS コンサルティング,システム開発
一氏昭吉 2019/04/25 2012 年門真市役所(再任)退任。
門真市在職時には、道路管理システム、統合型GIS の導入業務等を担当し、基盤地図情報のスパイラルアップと継続更新を追 求。
この間2002 年大阪府GIS 官民協議会設立に参画、2012 年4 月以降も引き続き、GIS 官民協議会・支援グループメンバーとして、自治体GIS の発展と官民の情報共有のためのプラットホーム構築のための活動を推進。
  0904-006
大阪
自治体GIS、基盤地図情報、情報共有
稲垣英樹 2019/5/16 愛知県安城市に勤務。
庁内における地図利用の現況把握調査,現状分析を行い,安城市地理情報システム基本計画を策定。その基本計画に沿って,庁内横断GIS検討組織の整備,都市計画基本図のデジタル化,全庁型GISの開発等に携わる。
  0905-003
愛知
自治体GIS,都市計画,
空間データマイニング
三浦真吾 2019/6/10 ㈱武揚堂に勤務。
各種公共データの作成やGISデータ・衛星画像からの地図編纂。
その他,海図のデジタル化を始めとして海象データの整備と,それに伴う業務管理ソフトウェア(或いは表示ソフト)の開発などに従事してきた。
また,リモセンを利用した流域環境情報の収集と,モデルシュミレーションや統計解析などを使用して,流域からのC,N,P負荷流出機構の解明をテーマとして,水環境管理を目的とした研究も続けている。
  0906-001
茨城
Satellite-GIS,水環境管理,地図・海図
石井邦宙 2019/6/27 1996年に、地質・防災調査に従事しGIS と出会う。
2000年より,河川,道路,防災,地質分野におけるデータのモデリングと標準仕様作成作業,国内外の地理空間情報の流通基盤設計・構築業務に従事。
  0906-002
東京
空間データモデリング,地理情報標準,情報共有
竹廣 潔 2019/7/28 酒都西条(東広島市),JC・プラニングに勤務。
主に自治体向けGISに従事。
NPO法人全国G空間情報技術研究会(中四国G空間情報技術研究会)所属。
民間企業向けのシステム開発に従事。
  0907-004
広島
自治体GIS,データ整備,
システム開発
高橋英樹 2019/8/29 佐野コンサルタンツ株式会社に勤務。
道路台帳,上下水道分野を中心に空間情報の構築に従事。防災分野での活用や町づくりの資源共有ツールとしてGISを提案している。
  0908-002
宮城
防災,道路台帳,上水道
阿部輝男 2019/9/3 佐野コンサルタンツ株式会社に勤務。
GIS導入に関するコンサルティング,各種システム開発,空間情報のデータ構築業務などを責任者として従事。
NPO法人全国GIS技術研究会に所属。
各種セミナーの開催,GISに関する研究,教育,普及活動に参加。
近年は大縮尺でのJPGIS準拠製品仕様書作成の研究に参画。

  0909-001
宮城
GIS導入・運用コンサルティング,共用空間データ構築,JPGIS
佐藤由子 2019/9/4 基礎地盤コンサルタンツ株式会社GIS事業部勤務。
地盤・環境・施設・河川・地籍管理等の各種GIS構築業務に従事し,必要に応じてプログラミングによるカスタマイズを担当。
最近ではスタンドアロンシステムの構築だけでなく,電子国土やGoogle Mapを利用したWeb-GISの開発にも取り組んでいる。

 
0909-003
東京
コンテンツ整備,システム構築及びカスタマイズ
安彦達見 2019/10/29 株式会社双葉建設コンサルタント勤務。
NPO 法人全国G 空間情報技術研究会
(東北GIS 技術研究会所属)
各種セミナーの開催,GISに関する研究,教育・推進活動に参加

  0910-001
山形
自治体GISコンサルティング,共用空間データ構築,JPGIS
中田丈士 2019/10/28 株式会社つくもに勤務。
GIS導入に関するコンサルティング,各種システム開発,空間情報のデータ構築業務などを責任者として従事。
NPO法人全国GIS技術研究会に所属。
各種セミナーの開催,GISに関する研究,教育,普及活動に参加。

  0910-002
千葉
自治体GIS導入・運用コンサルティング,空間情報データ構築,JPGIS
田中憲之 2019/12/11 ESRIジャパン株式会社に勤務。
主にArcGISのトレーニングやテクニカルサポート、自治体への支援などユーザ支援業務に従事。
  0912-001
東京
GISトレーニング,テクニカルサポート
濱本両太 2019/12/11 長年、ESRIジャパンのGISコンサルタントとして民間企業から公共機関、研究機関などのGIS導入・活用を支援。
  0912-002
東京
GISコンサルタント,ArcGISスペシャリスト、防災GIS
羽田康祐 2020/2/7 大学在学中にGISと出会い、2005年ESRIジャパン株式会社に入社。主にArcGIS開発者向け製品を担当し、トレーニング、技術サポート、コンサルティング業務などに従事。Esri認定インストラクター (Certified Esri Instructor)。また、パーソナルブランドである WINGFIELD since1981を通じてGISと関連分野の情報発信を行っており、個人としてもGISの普及に微力を尽くしています。@Kohsuke_Hada
  1002-001
東京
ArcGIS、GIS 教育、GEOINT
和田陽一 2021/4/2 17 年間自治体勤務の後、東日本大震災を機に民間へ。
自治体勤務時代は,地籍管理・道路分野を中心に,行政分野の効率的な空間情報整備を実施。
現在は、地理空間情報を活用した行政や地域の意思決定への活用に関するコンサルティングを行っている。
  1003-005
東京
地方創生、自治体地理空間情報利活用、絵の無いGIS
2010年度取得者                      トップに戻る
酒井拓也 2021/4/29 朝日航洋株式会社に勤務。
1994年以降,地理空間データの構築からはじまり,地理空間データベースの設計,空間解析,GISのシステム設計等を経て,現在は主に,GISの導入および利活用コンサルティングに従事している。
  1004-004
埼玉
地理空間情報整備,自治体GIS,デジタルマッピング
鈴木 肇 2021/4/29 現在,昭和株式会社名古屋支社勤務。技術士(応用理学部門),測量士、空間情報総括監理技術者。
弘前大学理学部地球科学科卒業後,1981年国際航業株式会社地質・海洋事業部入社。1990年株式会社ケーイーエヌの設立に参画。地質・防災,自治体営業,航測,都市計画,上・下水・公園施設管理,固定資産,地理情報分野の他,ゲーム用3D データ構築、震災復興関連業務、津波避難計画等に携わり現在に至る。
  1004-005
愛知
地球科学,3D,防災
松岡正格 2021/6/2 国際航業株式会社に勤務。
地方自治体のGIS導入・運用コンサルティング,GISシステムの設計・開発,空間情報の構築に従事している。
  1005-002
兵庫
GISコンサルティング,共有空間データ構築
伊藤淳 2021/08/25 日野測量設計株式会社勤務。
地理空間情報の整備, GISを活用したシステム開発及び関連技術の研究開発等に従事。
  1008-002
宮城
システム開発, 地理空間情報整備, GISコンサルティング
増田敦彦 2021/11/12 株式会社マカロンサーベイを設立し、3 次元土木CAD とGIS でお客様の業務を支援しております。ソフトウェアは,ArcGIS やAutoCAD を得意としており,お客様の業務にあわせてカスタマイズを提案しています。ゼネコンで現場監督をしていた経験から,土木,農業土木,座標系や測量には強みがあります。
  1011-005
熊本
GIS コンサルティング、空間情報データ作成、点群データ解析
2011年度取得者                      トップに戻る
溝淵真弓 2022/6/26 アジア航測株式会社に勤務。主に国及び地方公共団体における国土情報の標準化、JPGIS の策定、業務モデルの分析・提案など地理空間情報サービス業務に従事。博士(経済学)、Executive MBA、PMI 認定PMP。
  1106-002
兵庫
地理情報標準、地理空間情報モデリング、DX
長屋裕司 2016/8/27 株式会社GIS北海道勤務。
主に自治体向けGISのコンサルティングから導入・運用まで対応しており、データ構築や既存データ利活用などの提案を行う。
小規模な個別テーマのシステムから統合型のシステムまで幅広くGISを経験。 最近は官公庁以外にもGISの利用普及を目指して活動している。
  1108-004
北海道
自治体GIS、共用空間データ構築
久保田優子 2016/8/27 ESRI ジャパン株式会社にて勤務する傍ら、OpenStreetMap のマッパーとして地図作成を精力的に行っている。マッパーの育成にも注力している。
  1108-005
大阪
オープンデータ、
マッピング、 GIS 教育
吉川真司 2022/9/16

GIS データ作成システム、都市計画GIS、固定資産GIS、農地GIS など自治体業務支援システムの企画・設計・開発・構築・導入のコンサルを経て、現在はDX推進の立場からGIS に関わるオープンソース、クラウドサービス、LGWAN-ASP の導入・普及の支援をしている。

  1109-002
埼玉
自治体DX、クラウド、オープンソース
山下淳子 2022/10/28 国内外のGIS利活用コンサルティング,GISシステム・データ構築、トレーニングに従事。
海底から宇宙まで幅広いデータを扱う。
  1110-002
埼玉
GIS、リモートセンシング、防災、環境、利活用
柳下 大 2016/11/30 朝日航洋株式会社に勤務。
地方自治体向けGISシステムの開発及びDB設計を経て、現在は主にITS分野での道路調査・管理業務を支援するGISシステムの開発に携わっている。
  1111-006
埼玉
システム開発 ITS 空間情報解析
千田 玄 2016/12/7 国際航業株式会社勤務。
現地測量からデータ整備、GIS構築、運用支援まで一通りは経験を積んできました。
SOAクラウドとGISの融合が現在のテーマです。
  1112-002
兵庫
WebGIS、下水道、3次元、クラウド
長谷川 浩司 2017/1/26 当初は、GPSの導入、網平均計算、TSを用いた処理の自動化など測地・実測分野に携わる。
現在は、写真測量、道路台帳補正、基盤地図情報整備と、主にデータ作成工程に携わっている。
  1201-004
東京
GPS 道路 基盤地図情報
須藤 毅 2017/2/3 朝日航洋株式会社に勤務。
GISデータ構築業務を経て、社内GISデータ構築システムの開発及び自治体向けGISパッケージシステムの開発・保守を実施。
  1202-002
埼玉
自治体GIS、システム開発
森 正蔵 2017/2/21 技術士(上下水道部門)として、主に途上国を対象にした上下水道関連のGIS整備や水理解析などを主な専門にしています。機械工学の学士号、土木工学の修士号、及び熱帯環境管理の修士号に加え、環境影響評価、社会調査、都市計画などの様々な経験を持っていますので、幅広い業務に対応できます。現在はカナダに住んでいます。TOEIC985点の英語力で、海外でも問題なくGIS関連業務のマネージメントを行うことができます。
  1202-007
東京
国際協力、カナダ、水道
2012年度取得者                      トップに戻る
小林朋代 2017/6/9 環境省那覇自然環境事務所にGIS担当の派遣職員として勤務しております。
国立公園指定、世界遺産登録などの環境行政を推進すべく日々の業務に励んでいます。
  1206-003
沖縄
GISコンサルタント、環境省、国立公園
加島春美 2017/6/27 ESRIジャパン株式会社に勤務。
GISソフトウェアESRI製品の技術サポート業務に従事。
GISを通じて少しでも社会に貢献できればと思っています。
  1206-005
東京
GIS技術サポート、GIS導入コンサルティング
梶並純一郎 2017/7/25 自営業及びNPO法人地域自然情報ネットワーク理事。
主に自然環境分野における空間データベースの構築,環境解析,コンサルタント業務に従事。
その他,GIS教育を実施。
1207-003
東京
植生,生態系,景観生態,環境管理,地域計画,GIS教育
五味俊弘 2017/7/25 ESRIジャパン株式会社に勤務。
Esri Certified Desktop Professional
  1207-004
東京
GISプロダクトマネージメント、空間データベース
髙瀬啓司 2017/9/22 ESRIジャパン株式会社に勤務。
主としてエリアマーケティング及びGISコンサルティング業務に従事。
  1209-002
東京
GISコンサルティング、エリアマーケティング
長岡大輔 2017/9/22 2012 年9 月に個人事業主として地質コンサルタント(琥珀舎)を開業。
地質調査解析のほかにGIS を活用した地形解析を行っている。近年、日本各地で豪雨などの自然災害が多発し、大きな被害を出している。GIS は、我々の生活空間にある地盤情報を集約し表示するための最適なツールであることから、防災に向けたGIS の活用を今後も積極的に行っていきたい。技術士( 応用理学部門・建設部門)
  1209-003
北海道
地質調査、地形解析、地盤データベース
廣田安男 2017/10/20 株式会社かんこう勤務。
現在まで、空中情報技術を中心とし、地理空間データ整備及び構築から解析などの業務に携わる。また、三次元データの活用方法について、検討している。
  1210-001
大阪
空間情報、GIS、空中写真
山崎彰寛 2017/11/23 国際航業株式会社に勤務。
主に自治体におけるGISを用いた事業系業務コンサルティングに従事し、システムの開発から導入まで一環したシステムコーディネイトを実施。
現在は、危機管理支援システム開発に従事。
1211-007
大阪
GISコンサルティング・都市計画・防災
菅原修 2017/11/29 私のGISの原点は札幌です。
大学3回生の時に先輩の誘いで北海道中の観測井をWindowsNTでポイント化するアルバイトがきっかけです。以来、現在に至るまで色々な地図に出会いました。地図は業種や分野ごとに異なった目的で作成され、さらにそれらを重ね合わせることで無限のパターンを生み出し、新たな発見をもたらします。一つ一つの地図との出会いは同時に人との出逢いでもあった気がします。これからどんな地図に出逢えるのか楽しみです。
  1211-009
東京
店舗開発,ポスティング,建コン,森林,病院,通信,自然環境
有賀秀貴 2017/11/30  
1211-010
大阪
ソフトウェア設計,道路GIS開発,電力GIS開発,生産ラインツール開発
横田宏行 2017/12/13 GISエンジンの開発、レーザデータ解析システムの構築、航空レーザデータを用いた防災コンサルタント業務に従事。
  1212-001
埼玉
システム開発、レーザ、空間データ構築
源波禎弘 2018/1/9 アメリカ海軍横須賀基地でGIS全般に従事。
  1301-005
神奈川
米海軍、アメリカ海軍、GIS
中野一也 2018/1/17 勤務:朝日航洋株式会社
専門:写真測量を中心とした空間情報取得技術の研究開発およびその活用に関する業務
  1301-016
埼玉
地理空間情報コンサルタント,写真測量
谷口 彰 2018/1/18 1984年応用技術株式会社設立時よりGIS関連SI業務に従事。
また、OSGeo財団日本支部のメンバーとしてオープンソース、特にGRASSの日本語化に取り組む。
  1301-019
大阪
CIM、Asset Management、FOSS4G、GRASS、AutoCAD Map、ArcGIS、GoogleMaps
井上陽介 2018/1/25 株式会社価値総合研究所勤務。
政府の地理空間情報の利活用促進や運用に関する政策立案に従事。G空間情報センター副センター長。
1301-021
東京
G空間情報センター
小澤理晴 2018/1/29 国際航業株式会社勤務。
GIS の導入・運用コンサルティングや空間情報の整備業務に従事。近年は、道路 台帳をはじめとした道路の情報化業務に注力している。
  1301-026
宮城
空間情報コンサルティング、統合型GIS、道路情報管理
嘉山陽一 2018/2/1 OSGeo.org Charter member, OSGeo.JP 理事, QGIS日本語翻訳チームリード,Code for Japan メンバー,ITDARTメンバー オープンソースGISの普及とシビックテックでの利活用にはげんでいます
  1301-028
埼玉
QGIS FOSS4G Civic tech
石本 常 2018/2/6 2002年設立時からESRIジャパン株式会社に勤務。
以降防災および防衛向けGIS導入コンサルおよび開発向け設計コンサルに従事。
1302-003
東京
防衛、防災
片谷信治 2018/2/6 ESRIジャパン株式会社勤務
GISが世の中の問題解決を行う必須の道具として普及させるべく、さまざまな分野の導入サポート、システム設計・開発を行っています。
近年は、主にシステム設計や開発や、特定業務向けツールの開発やパッケージ製品の開発に従事しています。
1302-004
東京
防災、地形解析、GISコンサルタント、GISシステムアーキテクト
濱田晃之 2018/2/14 建設コンサルタント会社に勤務。
地盤情報DBの構築、地盤特性の研究、液状化の予測、地震や豪雨の自然災害による道路構造物、水道管、地震火災および自然斜面などの被害予測に従事。
1302-009
大阪
地盤情報、地盤工学、地盤防災、GIS
松田欣也 2018/2/14 福岡県直方市に勤務。庁内GISワーキンググループの代表を務める。
直方市では、ワーキンググループが全庁的なGISを運用・管理している。
職員自ら庁内の業務をコンサルティングし、コンテンツ作成を行うなど、過度に業者に依存しない、自主的な運用を実践している。
また、大学との協調・連携も含めて、地方ならではのGISコミュニティの普及に努めている。
1302-010
福岡
自治体GIS、ワーキンググループ、WebGIS、GPS
櫻井洋祐 2018/2/14 ESRIジャパン株式会社に勤務。
1302-011
東京
リモートセンシング、防災
桑山智行 2018/2/14 ESRIジャパン株式会社勤務。
入社以来、Esri の開発者向け製品の国内リリースをはじめ、技術サポート、トレーニング インストラクター、GIS のシステム開発コンサルティングなどさまざまな業務に従事。
  1302-012
東京
GISプロダクトマネージメント, 開発者製品, 技術サポート, ArcGIS
大原栄則 2018/2/21 共同設計株式会社勤務。
GIS導入に関するコンサルティング,各種システム開発,空間情報のデータ構築などに携わる。
NPO法人全国G空間情報技術研究会、中四国G空間情報技術に所属し,各種セミナーやGISに関するさまざまな研究,教育,普及活動に参加しています。
  1302-016
香川
GISコンサルタント,空間データ,JPGIS
峯本奈津美 2018/3/9 2002年 株式会社秋山測量設計に入社。
入社当初から、各種GISデータの作成・整備、道路台帳網図・公園台帳等のGISシステムの構築、操作手順の技術的サポートに携わっている。
また、ホームページ作成・デモ資料の作成などにも携わっている。
1303-003
岡山
GISデータ作成、GISシステム構築
福島康之 2018/3/13 ESRIジャパン株式会社に勤務。
主にGISデータ製品の企画・開発に従事。
1303-016
東京
GISデータ、GISコンサルティング
衣笠聡史 2018/3/13 主に地方自治体における地理空間情報の整備、利活用に関する業務に従事しています。
1303-017
岡山
自治体GIS、GISコンサルティング
名和裕司 2018/3/15 ESRIジャパン株式会社コンサルティングサービスグループ部長
G空間シティ構築事業、一般社団法人G-motty]理事
1303-026
東京
GIS導入活用コンサルティング
五十鈴まゆみ 2018/3/15 (株)マプコン勤務。
自社開発GISソフト(PC-MAPPING HT)の導入・運用指導。
基盤地図・電子国土関連データの作成ツールの開発・導入サポートに従事。
  1303-027
神奈川
GIS技術コンサルティング、GISソフト(PC-MAPPING)指導
山根隆弘 2018/3/16 応用技術株式会社に勤務。
入社当初からGISと関わり、データ作成、空間解析、ツール構築、システム開発と多岐にわたってGISを活用。
1303-028
大阪
システム開発、空間解析、シミュレーション、AMS、CIM
山本耕平 2018/3/16 株式会社パスコに勤務。ARC/INFO Ver3.2以来のESRI製品ユーザ。
DKIジャカルタGIS、フィリピン国治水強化、タイ国環境省マングローブGISデータベース構築、ESRI本社にて1年間研修など、豊富な海外経験をもつ。
現在は、MMSによる大規模なポイントクラウドや画像データを扱う。
  1303-031
東京
海外、国際協力、技術移転、大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術、MMS、道路
柴野将広 2018/3/23  
1303-036
東京
GISコンサルティング
安田喜輝 2018/3/27 鹿児島県土地改良事業団体連合会に勤務。
地方自治体を中心にGISデータ整備やGISシステムの開発に従事。
各自治体における農業農村分野におけるGIS技術の活用などの啓発とし、研修会を開催しております。地域・業務のニーズに即したシステム開発や利用者のスキルアップの研修会を実施しており、GIS技術に対する人材育成が重要と考え活動しております。
  1303-037
鹿児島
GISデータ、自治体向けGIS、システム開発、地理情報標準
2013年度取得者                      トップに戻る
高津芳郎 2018/4/21 国際航業株式会社勤務。
主に地方自治体における固定資産税関連業務、システム導入に従事。
  1304-001
兵庫
固定資産、固定資産業務支援システム、土地評価、家屋評価
大嶋庸介 2018/4/2 1989年国際航業株式会社入社。
営業職(奈良県、兵庫県担当)を経験後、2001年より統合型GISの推進にかかる企画提案セクションへ転身。2004年電子自治体担当部長、2005年仙台支店長、2010年空間情報推進担当部長を務め、2013年電子行政推進グループ長を務めるに至っています。
特に、統合型GIS構築、共用空間データ整備等をわかりやすく説くためのプレゼンテーションにこだわり、日々、研鑽中です。
  1304-002
東京
統合型GIS、個別業務支援GIS、共用空間データ、空間情報コンサルティング
深澤雅人 2018/4/2 株式会社ネクスコ東日本エンジニアリング。
高速道路の維持管理の高度化・効率化を図るためUAVの活用に取り組んでいる。
1304-003
東京
UAV、写真測量、維持管理
坂井宏子 2018/4/4 (株)ブレス(旧(株)中央グループGIS事業部)代表執行役員。新潟県の地域情報化を目指し、自治体、大学、民間へ広くGISの企画・開発を提案。 2005年にいがたGIS協議会を設立、会長に就任。現在に至る。産官学で連携し、新潟におけるGISの普及、地域貢献に尽力。 2007年中越沖地震EMC活動で、防災功労者防災担当大臣、ESRI_SAGアワード等表彰。 年新潟県と「災害時の応援業務に関する協定」を締結。新潟大学「GISリテラシー入門」、各種セミナー等の講師。
  1304-005
新潟
新潟、地域情報化、防災
西 賢倫 2018/4/4 宇部興産コンサルタント株式会社勤務。
主に自治体、企業向けの業務支援GISのコンサルティングおよび開発に従事。
NPO法人全国GIS技術研究会所属。
1304-007
山口
GISコンサルティング、業務支援GIS
林 博文 2018/4/24 応用技術株式会社勤務。
The Open Source Geospatial FoundationCharter member
OSGeo財団日本支部副代表。
GIS学会FOSS4G分科会会員。
大阪市立大学大学院創造都市研究科共同研究員。
環境モニタリングシステム、モバイルシステム、調査船システム、クラウドコンピューティングを中心にハードウェアとソフトウェアを効率よく組み合わせたGIS活用システムを開発中。オープンソースのGIS(FOSS4G)ソフトウェアのシステム構築と普及拡大に努める。
  1304-013
大阪
Monitoring System、CIM、Asset Management、FOSS4G、OSGeo、WebGIS、MobileGIS、GRASS、AutoCAD Map、MapGuide OpenSource、ArcGIS、GoogleMaps、MapMint、ZOO-Project、goGPS-Project、OSGeo4W、災害支援GIS
下林靖和 2018/4/24  
1304-014
大阪
水道、GIS
太田学志 2018/4/25 有限会社和泉測量に勤務。
自治体向けGISの開発及びGISデータ構築業務を主に従事する。
NPO法人全国GIS技術研究会に所属。セミナー等によるGIS普及活動や電子国土の普及活動に携わる。
1304-018
群馬
自治体GIS、データ構築
遠藤浩二 2018/4/25 株式会社かんこう勤務。
1)GISに基づくデータ構築・分析
上水道・下水道・道路・固定資産・都市計画等の各種台帳データの構築・分析。
2)空間情報技術を利用した現地の計測調査・分析
モバイルGISをベースにしたタブレット端末を利用した計測調査や、UAVによる災害調査、全方位画像等を利用した道路施設物調査。
  1304-019
大阪
自治体GIS(上水/下水/道路/固定資産/都市計画)、現地計測調査
坂路桂子 2018/5/11 河川GISの導入・コンサルティング業務に関わったのち、統合型GISの導入およびWebGISの開発に従事。
近年は河川、防災、医療等の分野における地理空間情報やGIS利用の観点から、企画提案・コンサルティングを行っている。
1305-001
東京
WebGIS、統合型GIS,地理空間情報、河川、防災、医療
古川芳孝 2018/5/18 応用技術株式会社に勤務。
設備管理、防災情報、情報公開、エリアマーケティング、コールセンター窓口、移動体管理に関わるGISインテグレーションに従事。今後、3次元 ~ 5次元モデルの GIS & CIM コンサルティングサービルを提供したいと思っています。
  1305-010
大阪
3次元 ~ 5次元モデル、GIS & CIM コンサルティング
町田由美 2018/5/18 ESRIジャパン(株)コンサルティングサービスグループ課長
ArcGIS製品とユーザとの懸け橋となるコンサルティングを通して社会貢献したいと考えております。
1305-012
東京
 
中川弘伸 2018/5/29 自治体クラウドや統合型に伴うGIS関連業務に従事
1305-018
福岡
自治体クラウド、統合型、3次元
三澤 博 2018/5/29  
1305-019
埼玉
GISアプリケーション開発、GISコンサルティング
渡邊正昭 2018/6/7 1992年国際航業株式会社入社。
主に自治体におけるGIS導入・空間データの構築業務に携わり、統合型GISの推進にかかる企画提案セクションでの従事を経て現在に至っています。
1306-006
宮城
統合型GIS、個別業務支援GIS、共用空間データ、空間情報コンサルティング
進 啓俊 2018/6/20 国際航業株式会社に勤務。
主に地方自治体向けGISの導入支援に従事。
統合型GISコンサルティング、個別業務GIS導入・運用支援などのコンサルティングを行う。
1306-009
東京
地理空間情報、GISコンサルティング
青戸正樹 2018/6/27  
1306-012
兵庫
固定資産
本多憲一郎 2018/7/6 1997年国際航業株式会社入社。
営業職を経験後、自治体における各種台帳のデジタル化等の空間データ整備、個別業務GIS導入、統合型GISの推進にかかる企画提案セクションに配属され現在に至る。
1307-001
東京
統合型GIS、個別業務支援GIS、共用空間データ、空間情報コンサルティング
杉森純子 2018/7/10 朝日航洋株式会社に勤務。
国内および海外にて、地形図作成、GISデータベース構築、GISを利用した解析業務に従事。
1307-006
埼玉
写真測量、GIS、国際協力
鹿島真弓 2018/9/11 ESRIジャパン株式会社に勤務。
入社後、リモートセンシング、ジオコーディング製品開発、コンサルティングと、様々な経験を積んできました。
1309-004
東京
GISコンサルティング、リモートセンシング、アドレスマッチング
桐本 靖規 2018/10/2 1983年生まれ。2004年から位置情報分野に携わり、2016年にMIERUNEを共同創業。
個人屋号であるdayjournalとしても活動している。
専門はGISとFOSS4G。MIERUNEでは、世界を目指す位置情報ソリューションカンパニーとして、よりプロフェッ ショナルなチーム形成やプロダクト成功のための組織マネジメントに注力し日々模索中。
dayjournalでは、個人プロダクトによるオープンソース・コミュニティへの貢献や、運営メンバーとしてカンファレンスやワークショップに参加。
Co-founder and CTO of MIERUNE Inc. , Owner of dayjournal , AWS DevTools Hero , MapLibre Voting Member , FOSS4G Hokkaido , Notion Sapporo
1310-001
北海道
FOSS4G , GIS , WebGIS , QGIS , MapLibre GL JS , Amazon Location Service , Leaflet , OpenLayers , Mapbox GL JS , Turf.js , AWS
時永洋一 2018/10/3 株式会社ユニテックに勤務。
2003年、19年間勤務した大手航測会社グループから地場の測量コンサルタント会社に転身。その後16年の時を経て、再び前職に復帰。
昭和の末期からデジタル化、IT化、CAD・GISエンジン開発等々に携わって以来、測量、リモセン、各種計測技術などの地理空間情報技術全般にわたって、広く、浅く(時々深く)関与しつつ今日に至る。
空間情報総括監理技術者
1310-002
北海道
企画・コンサルティング、情報システム構築、3D計測・CG、オープンソース、仮想化技術
名草一成 2018/10/19 国際航業株式会社に勤務。
地理空間情報全般の整備に従事しています。
1310-006
兵庫
写真測量、基準点測量、デジタルマッピング、空間基盤データ構築
小川忠利 2018/10/26 1993年 国際航業株式会社入社
入社後、写真測量に関わる業務を中心に携わってから、インフラ系施設図のデジタル化をはじめとしたGISデータベースの構築、システム設計からGIS導入コンサルティングまで幅広くの業務に従事。近年は、地理空間情報の利活用に関わる各種のプロジェクトの従事している。
1310-007
東京
地理空間情報、統合型GIS、空間情報コンサルタント
大朏晴治 2018/11/20 国際航業株式会社に勤務。
主に自治体の固定資産税に係る空間情報データ整備からGISの導入・運用の業務に従事。
1311-003
宮城
地理空間情報、統合型GIS、固定資産税
2014年度取得者                      トップに戻る
小野博之 2019/04/22 国際航業株式会社に勤務。
主に地方自治体向けの地理空間情報の整備、GISコンサルティング業務に従事。
近年は、主に組織のマネージメントを行っています。
1404-001
東京
地理空間情報構築、空間情報コンサルティング
鎌形哲稔 2019/9/6 国際航業株式会社勤務。
主にリモートセンシング技術を利用した調査・データ整備業務に従事。
近年は,GISやリモートセンシングなどの空間情報技術の実利用化と普及に取り組んでいる。
博士(総合情報学),森林情報士(リモートセンシング1級),酪農学園大学特任准教授。
1409-002
東京
リモートセンシング,画像解析・判読,地理空間情報整備,空間情報コンサルティング
2015年度取得者                      トップに戻る
石原 章子 2015/8/13 ESRIジャパン株式会社に勤務。
1508-001
東京
GISプロダクトマネージメント、GIS技術サポート
佐藤 智行 2021/10/17 (株)昭和土木設計に勤務。
自治体向けのGIS開発、データベース構築、データ整備等の業務に従事。
1510-001
岩手
自治体GIS、 GISデータ整備
永井 靖弘 2021/11/10  
1511-001
沖縄
地理空間情報、GISコンサルティング
田上 明人 2015/12/10 テクノ富貴株式会社に勤務
NPO 法人全国GIS 技術研究会(近畿中部北陸GIS 技術研究会)に所属
各種セミナーの開催、GIS に関する研究、教育、普及活動に参加。
1512-001
和歌山
自治体GIS,空間データ作成、地理空間情報活用
山岸 宏光 2016/01/22 1990-1999 北海道立地下資源調査所で地質図作成、火山噴火、地震災害、斜面災害に従事
1999-2008 新潟大学で地学を教えつつ,環境防災GISセンターを設立
2008-2013 愛媛大学防災情報研究センターで,津波や土砂災害のGISデータを作成
2014-現在 (株)シン技術コンサルで,土砂災害などの空間情報解析
2011-現在 JICA からモザンビークに派遣され海岸浸食GISを, 同じくホンジュラスで 地すべりGIS の指導に従事.最近では,UNESCOからチリ―, エクアドル, ペルーで土砂災害の写真判読とGISを指導
著書:「北海道の地すべり地形デジタルマップ」(2012)など多数 詳しくは「山岸宏光のホームページ」
"http://www.h5.dion.ne.jp/~hiromitu/index-j2.html"を参照
1601-001
北海道
土砂災害・火山・地震などの防災GIS, オルソ画像, LPデータなどの空間情報解析、GISマッピング
小澤 佑貴 2016/02/02 ESRIジャパン株式会社に勤務。
1602-001
東京
GISプロダクトマネージメント、GIS技術サポート
水野 博史 2022/2/17 2016年10月、長野県須坂市でジオナレッジ合同会社を開業しました。
地理空間情報を使う側のニーズに応える取り組みや専門人材の育成を通じて、地方の課題解決に貢献したいと考えています。よろしくお願いします。
1602-003
長野
自治体経営、知識共創、
イノベーション
松浦 慎平 2016/02/02 ESRIジャパン株式会社
NPO法人オープンコンシェルジュ
@PEmugi2 (http://twitter.com/PEmugi2)
1602-002
神奈川
FOSS4G, Open Data,
Web GIS, ArcGIS, GeoHex, Open Source
2016年度取得者  
外崎 宣宏 2016/06/08 ESRIジャパン株式会社に勤務。
主に自治体をはじめとする様々な組織および分野でのGISの導入/活用支援に従事。
1606-001
福岡
GIS コンサルティング
家田 泰弘 2022/08/24

株式会社建設技術研究所に勤務。
主に国、県における砂防、火山防災に関わる調査・解析及びハード・ソフト対策計画検討に関する業務に従事。

1608-001
東京
建設コンサルタント
砂防、火山、防災
寺嶋 奈津子 2016/12/15 ESRIジャパン株式会社に勤務。
1612-001
大阪
GISプロダクトマネージメント、GIS技術サポート
司馬 愛美子 2016/12/15 ESRIジャパン株式会社に勤務。
1612-002
東京
GIS プロダクトマネージメント、GIS 技術サポート
古川 翔一 2017/6/13 ESRIジャパン株式会社に勤務。
ESRI製品の技術サポート・トレーニングなどGIS導入後の技術支援に従事。
1706-001
埼玉
GIS技術サポート
2017年度取得者                      トップに戻る
林 由修 2017/6/23 2013年度から五泉市役所に勤務。学生時代からGISを使い始め、現職場でも庁内GISの普及・整備・業務での活用及びデータ作成に従事しています。特に膨大なデータのマッピングを得意としています。
1706-002
新潟
自治体,統合型GIS,データ整備,環境,地下水
加賀谷 仁秀 2017/10/31 株式会社GEOソリューションズ勤務。
デジタルステレオ図化機をはじめとした地理情報を整備するためのアプリケーションソフトウェア開発を中心に、QGISプラグイン開発、GISデータの品質評価システム開発などを手掛ける。 技術士(情報工学部門), 空間情報総括監理技術者
1710-001
兵庫
測量システム開発, オープンソースGIS, FOSS4G, Point Cloud Library(PCL), VTK
阿部 亮吾 2017/12/12 国際航業株式会社勤務。
主にMMS(モバイルマッピングシステム)データを用いた管理システムや、画像とレーザデータを用いた三次元計測システムの構築に従事。
1712-001
東京
地理空間データ作成,
MMS,衛星測位,
空間情報コンサルティング
氷見山 清子 2018/2/27 ESRIジャパン株式会社に勤務。

1712-001
北海道
GISプロダクトマネージメント、GIS技術サポート
2018年度取得者 
丹羽 孝仁 2018/04/17 帝京大学に勤務。
学生時代にGISに触れ,その後民間企業,自治体,大学と産官学の全ての現場でGIS業務に従事してきた。
現在は,地域経済に関わる地理情報の研究および教育に従事している。
1804-001
栃木
地域分析,空間解析,GIS教育,地理学
伊藤 裕司 2018/06/18 株式会社かんこう に勤務。
大学院の専攻分野は空間デザイン学。修了後は、橋梁の設計に従事していたが、現在の勤務先に転職。 業務内容は、道路台帳・下水道台帳・固定資産・都市計画図といった様々な地理空間情報の更新業務である。
1806-001
大阪
地理空間情報整備
景観分析
福田 正浩 2018/06/27 株式会社地域環境計画 に勤務。
森林情報士(森林GIS技術者1級)。
京都造形芸術大学非常勤講師。 GIS/リモートセンシング技術の利用及び自然環境解析結果から、自然環境保全のために必要な情報を導き出し、保全施策検討に加え普及啓発に取り組んでいる。
1806-002
東京
陸域/海洋リモートセンシング、自然環境解析、
ランドスケープデザイン、
GIS利用促進
潮見 礼也 2018/06/27 株式会社建設技術研究所に勤務。
主に国、県における砂防・防災・火山に関わる業務に従事し、GISを活用した空間解析・地形解析に携わる。
1806-003
東京
建設コンサルタント、
砂防、防災、火山
荒川 宏 2019/2/18 地形判読により災害地形や地盤状況などの判読結果をGISで管理している。GISにより、地形・地盤情報について建設工事担当者とコミュニケーションできないかを模索中。
NPOドゥチュウブ理事。
GISで防災マップを作成し、自治会などの地区防災活動に役立ててもらう活動を行っている。
1902-001
岐阜
防災、地形判読
2019年度取得者 
佐々木 克憲 2019/6/27 1998年に応用地質株式会社入社。
以来、地震防災に関するコンサルタント業務に従事し、特に火災(延焼シミュレーション)や都市リスク評価等を専門としている。 解析はもとより、リスク評価結果やハザードマップ、防災カルテ等を分かりやすく提示するためGISを活用している。  博士(工学)
1906-001
東京
延焼シミュレーション,都市リスク評価,地震防災
小泉 淳平 2019/7/4 ESRIジャパン株式会社に勤務。
入社後は Esri 開発者向け製品の技術サポート、トレーニング インストラクター業務に携わる。
現在はさまざまな分野向けに GIS を活用したソリューション提案、技術支援業務に従事。
1907-001
大阪
GISソリューションエンジニア、GIS技術サポート
宮本 達矢 2020/2/10 幼少時に海王星の衛星画像を見て興味を持つ。その後学生時代にGIS・リモートセンシングを知り、本業界へ就職しました。
2002-001
東京
ArcGIS、地球物理、衛星測地学、北アルプス山岳地域
2020年度取得者 
佐々木 竜太 2020/8/11 株式会社システム二十一に勤務し、交通ネットワークの評価・計画業務に従事する。
現在、「プローブデータ」をはじめとするビッグデータの普及に伴い、地理空間情報+移動データを用いた人流・物流の可視化、行動分析、交通施策評価等に積極的に取り組む。
2008-001
神奈川
建設コンサルタント、交通計画、ビッグデータ解析、統計解析、空間解析、WebGIS
関山 泰臣 2020/12/14 株式会社MapsTap 代表取締役
北見工業大学非常勤講師
農業分野のGIS、自治体GISのデータ作成及びシステム構築に従事。
GIS教育・セミナー開催などGIS普及に取り組む。
2012-001
北海道
自治体GIS
(上水/下水/道路/固定資産/都市計画/空き家)、
防災、WebGIS、教育S
松尾 陽平 2021/1/12 ESRIジャパン株式会社に勤務。
Esri 開発者向け製品の技術サポートやトレーニング インストラクター業務に従事。
2101-001
大阪
GIS技術サポート、GISインストラクター
2021年度取得者 
船山 亜沙子 2021/6/9 第一測工株式会社に勤務。
GISを活用したシステム開発,地理空間情報の構築に従事。
NPO法人全国G空間情報技術研究会 (関東中部G空間情報技術研究会)に所属。
2106-001
栃木
システム開発, 地理空間情報整備, GISコンサルティング
勝見 亜季子 2022/2/17 株式会社NJSに勤務。
主に上下水道コンサルタント業務に従事。
ArcGISを活用した下水道計画、内水氾濫解析、管渠ストックマネジメント等の施設管理業務を担当。
GIS~excel~プログラムを駆使し、効率的なGISのデータ構築を行っている。
また、GISに不慣れな自治体職員や同業者に対し、GIS勉強会を開催するなどGIS技術の指導・育成にも取り組んでいる。
2202-001
福岡
河川、下水道、GIS
金炫禛
(キムヒョンジン)
2022/2/21 株式会社地域環境計画 に勤務。
主に自然環境を解析し、保全施策検討に必要な情報を導き出す業務に従事している。
GIS技術を用いた生態系保全に取り組んでいる。
2202-002
東京
野生動物行動解析、自然環境解析
2022年度取得者 
袴田 岳彦 2022/5/10 ESRIジャパン株式会社に勤務。
入社後、トレーニング、サポート、コンサルティング、データコンテンツ事業などに関わっています。
2205-001
東京
GISコンサルティング、GISデータ
亀井 志郎 2022/5/10 株式会社かんこうに勤務。
3次元点群データを使用した、データ作成及び解析の業務に従事。
2205-002
大阪
航空レーザー、MMS、3次元データ作成・解析
畑尾 一貴 2022/6/4 株式会社HawksMapに勤務。
摂南大学非常勤講師。カスタマイズを前提としたGISのシステム開発業務及びシステム構築業務に従事。 大学を通じて次世代のGIS利用者への育成にも力を入れて取り組んでいる。
2206-001
兵庫
WebGIS、GISシステム開発、GISコンサルティング